浦レポ by 浦和フットボール通信

杉本健勇「PKの場面で阿部さんが『楽しんでな』と声を掛けてくれて気が楽になった」【横浜FC戦後選手コメント】


杉本健勇選手

ー初勝利はどうでしたか

普通にうれしいですね。勝てなかったので、今日に掛ける想いが僕の中でもあったので、それが結果につながったとのが嬉しいですし、また明日から切り替えて頑張りたいと思います。

ーPKの場面での心境は

蹴るコースは直前まで決めていなかったが、自信をもって蹴ろうと思っていました。

ーキャンプ中に規律違反があり、クラブから厳重注意、監督からも厳しい言葉があったと聞いていますが、ここまでの心境、想いについて

チームに迷惑をかけましたし、いけないことをしてしまった。監督にもすごく怒られましたし、そこは今後ないようにすることはもちろんですが、僕はプレーでやっていくしかないので、まだ今日1勝しただけではダメなので、もっともっと積み重ねていけるように頑張っていきたいと思います。

ー1本目はPKを蹴るのは決まっていたのか

決まってはいなかったですね。阿部選手からボールを渡されて蹴ることになりました。僕も蹴りたい気持ちがありましたので、阿部さんが蹴れということで、蹴ることになりました。阿部さんからボールをもらった時に「楽しんでな」と言われたので、すごいその言葉で気が楽になりました。

(残り 644文字/全文: 1139文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ