浦レポ by 浦和フットボール通信

杉本健勇がゴールを渇望「自分が一番物足りなさを感じている」清水戦でのゴールなるか?

(Report by 河合貴子)

徐々にサッカーでは手応えも

「再開して、まだ点を獲ってない」と杉本健勇選手は険しい表情をした。

そして「皆さんよりも、自分が一番物足りなさを感じている。もちろん、点を決めるということもそうだが、それ以外のこともやらないといけないことがたくさんある。毎試合、毎試合、自分の中でやるべきことを、整理して向かっている。チームとして2連敗したが、この前も(横浜FC戦2-0勝利)良い試合をしたと思う。これを続けていきたいですし、俺もちょっとそろそろ決めないと怒られると思う。本当にチームが苦しいときに、決められるようにしたい」と自身のゴールを渇望していた。

この6試合、先発で出場しても、途中出場してもゴールに向かう姿勢からシュートチャンスが全くなかったわけではない。決定機もあったし、前線でタメを作り、良い距離感からゴールに直結する動きも見られた。再開した直後よりも、試合を重ねていくうちに段々と良くなってきている。

(残り 1230文字/全文: 1646文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ