浦レポ by 浦和フットボール通信

広島時代に入れ替え戦を経験した槙野智章だからこそ感じる部分


(Report by 河合貴子)

リーグ残り4戦をどう戦うか

「このタイミングで上とやることが良い」と槙野智章選手は、リーグ戦の残りの対戦カードを思い描きながら、浦和の底力を見せつける構えをした。リーグ残り4試合は、優勝争いをしている鹿島とFC東京、YBCルヴァンカップで栄光を手に入れた川崎。そして、最終節のホームゲームは、浦和と同じようにJ1残留争いの渦中にいるG大阪。最終節までには、何としてでもJ1残留を決めておきたい。

「残留争いとか、順位が近いチームとやると、いろんなことが起きる。難しい。しっかりとポイントを獲って、早く落ち着いたゲームをしたい」と険しい表情をした。やはり、広島時代にJ1・J2の入れ替え戦で敗れて降格を経験しているだけに、その難しさを熟知している。

(残り 1129文字/全文: 1464文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ