浦レポ by 浦和フットボール通信

昨季は悔しさを味わった菊池大介が、サイドバックでのレギュラー争いに挑む


(Report by 河合貴子)

浦和に来て2年目の挑戦

「ボールフィーリングの感覚を取り戻さないといけない。運動量を上げて意図的に多く走って、身体を本来の自分に戻していく。まだまだだが、上手く仕上がって動き自体は上がってきている感じがする。ボールを多く触り関わったりして、意識を高くもっている」とニヤリと笑ったのは、菊池大介選手であった。

左サイドバックからの上限運動を激しく縦にフルスピードで走り、そうかと思えば視野を広くとって逆サイドへと展開したり、自分の身体と頭をフル回転させて酷使しているようにもみえた。

「ミスだったり、上手くいかないシーンはあったけど、チャレンジしていけば必ず上手くなっていくと思う。周りとの連携もそうだし、やらないよりはやっていくことを意識してる。

(残り 1024文字/全文: 1358文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ