連載第54回! 沖永雄一郎の”オールコートマンマーク!”『システム回帰の布石? 負傷者が徐々にカムバック!』

浦研プラスにて、サッカー専門新聞・『エルゴラッソ』の浦和レッズ番記者である沖永雄一郎氏の浦和レッズ・トレーニングレポート連載が開始されました! 冲永氏の独特で個性的な視点を通してクラブ、チーム、選手たちの動向を随時お届け! 新鮮で躍動感のある『浦和レッズ』の日常をぜひお楽しみください!

Text&Photo by Yuichiro Okinaga

©Yuichiro Okinaga

晴天! 晴天!

みなさんこんばんは。

きのう(9日)もけっこうな暑さながら、曇りがちだったのでなんとか致命傷は避けられたものの、本日(10日)は晴天も晴天。日影がまったく見当たらずに、ぶっ倒れるのも覚悟しながらの取材でしたがなんとか生還いたしました。ありがとうスポーツドリンク。

練習開始に合わせて、広報スタッフから選手の状態について説明があるのが慣例なのですが、まず驚いたのがペア=マティアス・ヘグモ監督が体調不良で欠席とのお知らせ。先日はメディアの前で水を飲んでニッコリしてみせる場面もありましたが、マティアスさんも御年64歳。軽い熱中症の可能性もありそうですのでお体をいたわっていただければと思います。幸い重症ではなさそうで、翌日には復帰予定とのことでしたのでひと安心です。

(残り 1811文字/全文: 2404文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »