【島崎英純】2024Jリーグ第22節/浦和レッズvs湘南ベルマーレ・試合レビュー『苦しんだ攻撃時のマッチアップ、守備時のミスマッチ。終盤のチームバランス崩壊で手痛い一敗を喫する』

©Yuichiro Okinaga

決断されたシステム変更

湘南ベルマーレのマンマーク戦術にどのように対応するか。浦和レッズは前節のジュビロ磐田戦とは異なる戦況下で創意工夫が求められた。

浦和はここ数試合で機能していた4-2-3-1システムを用いた。そもそも今のチームは負傷者が続出していてベスト布陣を組めず、このシステムを拠り所にするしかない状況下にあった。

チームの窮状はウイングポジションの人選に表れている。左右の攻撃的ポジションに入った武田英寿とエカニット・パンヤはいずれも2列目が適正だが、相手とのマッチアップで個人勝負を仕掛けるタイプではない。湘南が守備時に明確なマンマークディフェンスを実行する中で1対1で優位性を築けない点は懸念材料であり、実際に試合が始まってから数分が経ってからはマッチアップでの窮屈な状況が試合展開に色濃く反映されていった。

湘南の基本システムは3-1-4-2で、攻撃時はミスマッチ状況を生み出す挙動を見せる。特にサイドエリアはサイドアタッカーというポジションの特性を活かして広いスペースを活用してアタックを仕掛ける。この局面では湘南の畑大雅と鈴木雄斗に対して浦和サイドバックの石原広教と大畑歩夢がそれぞれに対応するが、そうなると自陣センターは佐藤瑶大とマリウス・ホイブラーテンの2CBに対して相手2トップのルキアン、鈴木章斗、そしてシャドーの池田昌生と山田直輝の計4人が向かってきてしまう。それでは数的不利が否めないわけで、浦和はダブルボランチの安居海渡と伊藤敦樹が後傾気味に構えて対処を図ったのだが、これによって浦和のボール奪取地点が自陣寄りになってしまった。

浦和から見ると攻撃時のマッチアップ、守備時にミスマッチという状況は好ましくない。マッチアップで強みを見せられる陣容が揃っていれば様相も異なったが、野戦病院化している現状ではそれも叶わない。一方で守備時のミスマッチは明確なアラート信号だ。この時点で浦和は早期の戦略変更を迫られた。

(残り 4508文字/全文: 5410文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »