連載第47回! 沖永雄一郎の”オールコートマンマーク!”『軽めだけど実践トレをみっちり』

浦研プラスにて、サッカー専門新聞・『エルゴラッソ』の浦和レッズ番記者である沖永雄一郎氏の浦和レッズ・トレーニングレポート連載が開始されました! 冲永氏の独特で個性的な視点を通してクラブ、チーム、選手たちの動向を随時お届け! 新鮮で躍動感のある『浦和レッズ』の日常をぜひお楽しみください!

Text&Photo by Yuichiro Okinaga

©Yuichiro Okinaga

再始動!

みなさんこんにちは。この原稿を書き始める前に写真を整理していたら、なんと前回撮影日は5月8日。3週間ぶりの大原取材でした。連戦が憎い。練習公開がなく、アウェーの試合も多かったので、現地取材のネタが限られ、浦研プラスさんのコラムも更新が滞っていました。本稿とは別でGKネタを1本書くことで埋め合わせたいと思います。たぶんきっと書きます。

そんなこんなで、久しぶりの大原へ。前日が強風&大雨だったので、試合翌日オフ→翌々日リカバリー&練習公開といういつものパターンだと大変な目にあうところでした。チームスケジュールに感謝です。29日は晴天そのもので、午前中の気温は22~23℃程度にとどまるはずでしたが、日差しが強くてすごく強い。風はやや涼しげながら、なかなかの暑さの中でのトレーニングとなりました。

練習開始前はいくつかのグループにわかれて、リフティングなんかをしながら集合の合図を待つわけですが、ここで気遣い(?)を見せたのが興梠慎三。前田直輝を呼び込み、リフティングの輪に加えます。以前からリフティンググループの一員ではあったものの、あえて大声で呼び込んだところに、慎三さんなりの優しさを感じました。たまたまかもしれませんが。

©Yuichiro Okinaga

(残り 2069文字/全文: 2927文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

1 2
« 次の記事
前の記事 »