連載第28回! 沖永雄一郎の”オールコートマンマーク!”『みんな気になる負傷者の今』

浦研プラスにて、サッカー専門新聞・『エルゴラッソ』の浦和レッズ番記者である沖永雄一郎氏の浦和レッズ・トレーニングレポート連載が開始されました! 冲永氏の独特で個性的な視点を通してクラブ、チーム、選手たちの動向を随時お届け! 新鮮で躍動感のある『浦和レッズ』の日常をぜひお楽しみください!

Text&Photo by Yuichiro Okinaga

©Yuichiro Okinaga


久方ぶりの公開練習

みなさんこんばんは。

17日はようやくの、久方ぶりの大原公開日でした。と思ったら、メモを見ると前回の公開日は10月3日。そんなに空いてなかったのか…?と記憶をたどってみると、3日はACL・ハノイFC戦の前日で、冒頭15分のみの公開でした。どうりで記憶に残っていないわけです。

ではその前の公開はいつだったのか、メモでは8月28日とあります。まだ暑い最中のことで、夕刻の練習でした。そんなに空いていたのかという驚きと、過密日程への恨みと、過密日程やコロナを理由に練習公開がどんどん減っているサッカー界全体への悲しみがいっぺんに押し寄せてきました。

2020年2月、エルゴラッソの浦和担当になることが決まった際、大原に毎日でも通えるようにと北浦和のマンションを契約した当時の私。何もかもが懐かしいです。YBCルヴァンカップのベガルタ仙台戦、金J開幕の湘南ベルマーレ戦を経て、さあこれからライター生活が始まるのだと思っていたらコロナ禍でサッカーそのものが無くなるという、あの時の絶望を考えると贅沢は言っていられないのですが、もっと、もっと練習を見せてください。コメントは週1回でもいいですから何卒……。

(残り 1225文字/全文: 1985文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

1 2
« 次の記事
前の記事 »