【島崎英純】2023Jリーグ第18節/浦和レッズvs川崎フロンターレ・試合レビュー『万全の守備、もどかしい攻撃。戦力の再編は必至だ』

©Yuichiro Okinaga

前線プレス発動

 浦和レッズの前線プレス開始位置がここ最近のゲームよりも高めに見えた。1トップのホセ・カンテ、トップ下の安居海渡が相手ボールホルダーへファーストアプローチし、それに両翼の大久保智明と髙橋利樹が呼応する。カンテと安居は主にGK上福元直人、CB車屋紳太郎、CB大南拓磨の3人を監視し、髙橋と大久保は相手SBの山根視来と登里享平へ近接する。またボランチのジョアン・シミッチと大島僚太にアプローチする浦和ボランチの位置取りも高い。プレスワークするのは主に伊藤敦樹で、岩尾憲はアンカー気味にバランスを取っているが、それでも川崎フロンターレ戦における浦和のプレスワークはここ最近になく好戦的だった。

 川崎のストロングポイントがポゼッションワークであることは周知の事実だ。川崎は自陣から丁寧にビルドアップするチームで、そのスタイルにプライドもある。相手が果敢にプレス&チェイスしてきたら、逆にその勢いを利用してショートパスの連鎖を浴びせて相手を裏返そうともする。浦和のマチェイ・スコルジャ監督は今季川崎と公式戦で対戦した3試合を通して、川崎のプレー傾向を十全に把握したのだろう。そのうえで、相手のポゼッションを打ち砕く強度の高い局面プレーと秩序的なディフェンスブロックで対抗しようと考えたはずである。

左MFに髙橋を配備したのは様々な思惑があったと思う。先述した高い局面強度、そして空中戦の強さを活かして自陣からのハイボールを競らせる『出口役』としての責務もあったように思える。本来ならば髙橋を相手ゴール前へ置きたいところだが、キャプテンの酒井宏樹が累積警告で出場停止、そして前線プレスの活性化を考慮すれば、髙橋の左MF利用はある程度理に適っているように見えた。

前半20分過ぎまでの浦和は思い描いた通りの展開に持ち込めたと思う。強烈なアプローチから相手パスをカットして高速トランジションで相手ゴールへ迫る形は何度か見せられたし、髙橋へ目掛けたロングフィードから何度かボールを前進させることもできた。しかし前半半ばを過ぎると、その浦和のプレス強度が若干緩まった。また川崎はボランチのシミッチと大島が浦和ボランチの監視を外れる巧みなポジショニングを取るようになった。これによって浦和のプレスは効力が減退し、川崎の十八番である敵陣でのワンサイドゲームへと移り変わっていった。

【2023Jリーグ第18節/浦和レッズvs川崎フロンターレ・スターティングメンバー】

(残り 4958文字/全文: 6069文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »