【島崎英純】2023YBCルヴァンカップ・グループステージ第6節/清水エスパルスvs浦和レッズ・試合レビュー『前半の滞留からチーム指針を示した後半。苦しみながらもグループステージ突破』

©Yuichiro Okinaga

構造上の欠陥

 コンディションが留意されてベンチに回った酒井宏樹、日本代表、ギニア代表に招集された伊藤敦樹とホセ・カンテを除いて、ほぼベスト布陣で臨んだ浦和レッズは前半からプレーテンポが上がらなかった。

 人数を掛けて前線プレスワークする清水エスパルスに対し、浦和は慎重なビルドアップが目立った。GK鈴木彩艶とアレクサンダー・ショルツ&マリウス・ホイブラーテンのセンターバックコンビに加えて、ダブルボランチの岩尾憲と安居海渡も低い位置取りでパスを捌いた。清水は4-2-3-1で、『3-1』の選手が積極的にボールサイドに寄ってきたが、それに対して浦和がGK+4人のフィールドプレーヤーで人数をかける後方ビルドアップをしたことで敵陣に入ってからの攻撃構築が閉塞した。それに加えてトップ下の小泉佳穂が相手ボランチの前方に降りてパスを受けようとしたため、1トップの興梠慎三は当然最前線で孤立し、両MFの関根貴大と大久保智明は常時相手サイドバックの監視下に置かれ、サイドバックの明本考浩と荻原拓也は味方のプッシュアップ不足と攻撃陣のノーヘルプに晒されて窮屈なプレーを強いられた。

【2023YBCルヴァンカップ・グループステージ第6節/清水エスパルスvs浦和レッズ・スターティングメンバー】

(残り 3876文字/全文: 4499文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »