浦和レッズ・2023沖縄キャンプレポート14日目/1月24日(火)−『ハイインテンシティ』

©Hidezumi Shimazaki

負荷がかかる練習

風雨が強まる中で開始された浦和レッズの沖縄キャンプ14日目のトレーニングは強度の高いメニューが続いた。

マチェイ・スコルジャ監督がフィジカルコーチ陣に指示して選手たちへ課すトレーニングは身体にかなりの負荷がかかるものだと捉えられる。例えば今日のフィジカルメニューでは柱に伸縮するチューブを付けてステップワークするものがあったのだが、このチューブは非常にテンションが高く、筋力トレーニングとしてもかなりハードなものにうかがえた。それに加えて、そのチューブメニューを終えた後にステップ&ダッシュのルーティンが組まれていて、こちらは心肺機能の向上が見込まれている。

(残り 2131文字/全文: 2503文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »