【新企画! 試合後すぐにアップ! ゲームを決定付けた選手の超速報コラム】-キャスパー・ユンカー『真のエースへ』…2022Jリーグ第11節/横浜F・マリノス戦

©Takehiko Noguchi

その凄みを見た

横浜F・マリノスのディフェンスラインはハイラインを維持する。しかも、大抵の局面で2枚のセンターバックだけで防御を図る。そのうえで、リカルド・ロドリゲス監督は相手のチームスタイルを加味して明確な『ショットガン』戦法を指示した。前線にキャスパー・ユンカーとアレックス・シャルクという『ワイドレシーバー』を置き、ボランチの平野佑一や右MFに入った小泉佳穂らが『クォーターバック』に成り代わってフィードを繰り出す。ランニングスピードに優れるユンカーにとっては願ってもない形である一方で、浦和のエースFWには相応のタスクが求められていた。

(残り 1024文字/全文: 1379文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »