得点力不足に焦燥が募る。大邸の堅守に沈黙【島崎英純】2022AFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第4節/大邸FC戦レビュー

©Takehiko Noguchi

事前プランは万全も…

AFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節の大邸FC戦で手痛い敗戦を喫した浦和レッズは、前節の反省を生かして十全な準備を施していた。

リカルド・ロドリゲス監督は前節から5人のメンバーを入れ替えた。4-2-3-1の基本布陣で、左サイドバックは大畑歩夢に代えて明本考浩、ダブルボランチは出場停止の岩尾憲に代えて柴戸海、右サイドには小泉佳穂に代えてダヴィド・モーベルグ、左サイドは松尾佑介に代えて関根貴大、そして1トップにはキャスパー・ユンカーに代えてアレックス・シャルクが入った。これにより、ユンカーは外国人選手枠の関係でベンチ入りせず、他にも小泉がベンチ外になった代わりに平野佑一が今大会で初めてメンバーリスト入りした。

一方の大邸は前節からひとりもメンバーを入れ替えなかった。このチームは第1節と第2節でもスターティングメンバーを代えておらず、アレシャンドレ・ガマ監督の采配傾向がうかがえる。ただ、第2節のライオン・シティ・セーラーズ戦で思わぬ敗戦を喫したように、ガマ監督のチームコーディネイトには疑問が残る。実際に今回の大邸の選手たちは身体が重そうに見え、トランジションスピードも局面強度も前回より減退していたように思う。

(残り 3758文字/全文: 4366文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »