2022Jリーグ第8節 FC東京戦 アダイウトン「一番、チームとして成長しているのはポゼッション」

Q どんな指示を受けてピッチに入ったのか?

立ち上がりからプレスを受けていて非常に難しい試合の中だったので、しっかりスペースを使うというところと、自分たちのリズムを取り戻すってところの指示はあった中で、少しずつ自分たちのリズムには持っていけたとは思うんですけれども、残念ながら勝ち点3を取ることができなかったってところでは、すごく悔しい気持ちでいっぱいです。

Q 後半はちょっと間延びしてしまう時間もあって、アダイウトン選手のところからの攻撃が多かったように見えたが?

間延びしていたところもそうですけど、浦和さんがしっかり真ん中のスペースを使って攻撃してくるっていうのはわかっていたことでもあったんですけれども、そこを相手に使わせてしまった時間帯が続いていた中で、しっかり取った後はその相手が出てきた背後を狙うっていうところだったり、サイドバックの背後、サイドのスペースを使って攻めるところを意識していたので、そういった点で自分のサイドから攻める機会も増えてきたのかなとは思ってます。次はしっかり得点に繋がるプレーをしていきたいなと思っています。

Q 新しい取り組みをしている中で、ここまでチームとしての成長を感じる部分もあるかと思うが?

一番、チームとして成長しているのはポゼッションで、

(残り 333文字/全文: 871文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »