2022Jリーグ第5節 ジュビロ磐田戦 リカルド・ロドリゲス監督「前半に関して言うと、狙いははっきりできた」

リカルド・ロドリゲス監督

今日はいい試合ができたという風に思います。特に前半で言うと、ゴールも取れましたし、それからゴールが入ってもおかしくないようなチャンスをたくさん作れたのかなという風に思います。今回やりたいことをしっかりと表現できた前半だったのかなという風に思います。後半に関してはモーベルグのゴールであったり、そういった場面や、いくかのチャンスはありましたけど、前半に比べると、その数自体は減ったのかなという風に思います。

最後の時間帯に関して言うと、ノーリスクで、前から行って何か問題が起こるというよりはノーリスクで構えてディフェンスをするというような選択を取りましたけれども、今回こういった勝ち方をしたことによって、チームは大きな自身を得たと思いますし、今後もこういった形でチーム全体、一丸となって連勝という風にしていけるように、一つ一つ積み上げていければと思います。

Q 今日はキャスパー・ユンカー選手を前半使って、後半は違う形にしたっていうのが前後半ちょっと違いがあったと思います。キャスパーがいる方がゴールに向かうアクションがチーム全体ではっきりしているような印象もあるんですが、彼がいるセットといないセットの違いについてどう感じていますか?

(残り 792文字/全文: 1318文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »