【FUKUDA’S EYE2021】福田正博:『戦力ブラッシュアップの必要性。今の浦和は方向性を見出せている』

ロドリゲス監督のサッカースタイルは浸透している/©Jun Kataoka

洗練された戦い

 天皇杯準決勝の浦和レッズvsセレッソ大阪は、浦和が上手くゲームをコントロールしながら、相手の隙きを突いてしっかりと得点を奪って勝利を挙げた印象がある。浦和もそれほど相手ゴール前で何度も決定的なチャンスを生めてはいなかったが、良い意味で堅実なスタイルを貫いて確実に結果を得たのではないか。

 そもそも、リカルド・ロドリゲス監督が志向する戦術志向もそれほど攻撃に傾倒しているわけではなく、攻守両面でバランスが取れているものだと思っている。それは選手たちの陣容からもうかがえる。特定選手に頼るわけではなく、チーム全体で戦術を活性化させる。そのためにポジショニングに留意してバランスを取ることが念頭に置かれていて、その共通理解も深まっている。その意味では洗練されたスタイルを実践できているように思う。

 一方のセレッソ大阪も浦和と同じく多くの好機を得られなかったが、これは一発勝負のカップ戦特有の流れも影響したかもしれない。ただ、その中で浦和が2得点して勝負を決めたわけだから、その点においては今の浦和に地力が付いてきたことを指し示しているのかもしれない。浦和が1年間を掛けて築き上げてきたものが今試合で成果として挙げられた点は高く評価したい部分だ。

(残り 1680文字/全文: 2307文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »