【コラム】守備へ傾倒するチーム戦術。ベース構築の先にあるもの

代表帰りの槙野と遠藤を起用

 天皇杯3回戦の松本山雅戦。浦和レッズのオズワルド・オリヴェイラ監督はロシアから帰還したばかりの日本代表DF槙野智章、DF遠藤航を先発に抜擢し、3-4-2-1を採用して試合に臨んだ。この意図について指揮官は、「槙野と遠藤をスタメンで起用して3バックに戻したというのは、ワールドカップ前の安定したプレーがあったからです。その堅固な守りを取り戻すために、立ち上がりは3バックにしました」と述べている。

(残り 1781文字/全文: 1991文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »