日々雑感—破顔一笑の裏に—森脇良太

饒舌な男の本心

ヴィッセル神戸との3連戦中、森脇良太はとても饒舌だった。

まあ、この人の場合は普段から朗らかで口数も多いのだが、中でも一際騒がしくなることがある。彼がこの時期より以前に愛想を振りまいていたのは、チームがJリーグ1stステージで鹿島アントラーズ、ガンバ大阪に連敗していた時だ。森脇は鹿島戦でイエローカードを受けて累積による出場停止を課せられ、続くG大阪とのアウェー戦には帯同できなかった。その後チームは大阪から次節の会場である広島県へ移動してミニキャンプを張ったが、そこへ彼が埼玉からやってきて、チームに合流するやいなや、けたたましいばかりの大声で『鳥かご』ゲームに興じていた。

(残り 2569文字/全文: 2863文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

1 2
« 次の記事
前の記事 »