2016Jリーグ2ndステージ第2節・柏レイソル戦[武藤雄樹][選手コメント]

○武藤雄樹
柏がしっかりとブロックを作ってきたので、なかなかクサビが入らなかった感じでしたけど、セットプレーで取れたことは試合運びにとても大きかったです。後半はオープンな展開になって、うちがカウンターを仕掛けることが多くなったなかで追加点を取れて、勝点3を取れたことはよかったと思います。

Q 今日は七三分けで決めていたが?

そうですねー、効果が出なかったので、次はどうしようか悩んでます(笑)。ゴールは常に狙っていますし、シュートまでいけているので、最後の精度、集中力の部分だと思います。決められるように努力していきますし、たとえ決められなくてもレッズの勝利のためにやるべきことはいっぱいあるので、しっかり走ってチームに貢献することを続けていって、そのなかでゴールが取れればベストです。

Q ゴールにはさらに一歩近づいた感じだが?

どうですかね(笑)。その前の試合でもゴールに近づいていたシーンはたくさんありましたし、ここ最近は外しているシーンが多いので、一つ決めるようにやり続けるしかないと思います。

Q ホームでの無失点勝利は4カ月ぶりだが?

けっこう前ですね……。しっかり守備をしないと優勝には近づいていけないと思いますし、みんなゼロで抑えようといっているので、その部分はもっとこだわっていっていきたいし、今日はゼロで抑えましたけど、ピンチはけっこうあったと思うので。一発で裏を取られるシーンだったりはもっとみんなで集中していかないと隙を突かれてしまうし、たとえば0−0の展開だったら、それで終わってしまうので、そういったシーンはなるべくなくせるようにチーム全体で集中していかないといけない。

Q 監督が、特に前半についてロングボールが多くて不満だったと言っていたが?

(残り 890文字/全文: 1616文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »