【無料掲載】2016Jリーグ1stステージ第16節・サンフレッチェ広島戦[駒井善成][選手コメント]

○駒井善成
シンプルにいきながらも、ドリブルでグッとかわせるところもあったし、縦パスも入るところがありました。

Q 後半の途中までいい時間帯があったが?

前半はポジショニングで真ん中で出入りして、自由にやっていましたけど、後半はちょっと、うちがやり方を変えてから窮屈になってしまって、相手のプレッシャーをダイレクトに受けるポジショニングになってしまって。後ろでボールが落ち着かへんから、相手もどんどん前でハメやすくなって、引っ掛けられてという展開になってしまった。自分たちで、うまくいかへんかったところでイニシアチブを取ってやらないといけないと感じました。

Q やり方を変えたというのは?

前半は僕が真ん中に落ちたり、航が真ん中だったら僕が右に落ちたりと流動的だったけど、僕が真ん中にいて、クサビを入れて奪われたあとに僕がそこにいって食い止めたりとか、サポートに入ることを意識していたけど、後半は。

Q 監督の指示?

ミシャの指示で航を真ん中にして、僕と阿部さんが脇にいくという形にして。でも、それはそれで相手のボランチを食いつかせて、FWのスペースを空ける狙いはありました。僕が感じたのは、僕が真ん中に入って航を右にしたりと、もっと流動的に動く方がよかったなと。

Q 後半途中からボールの失い方が悪くなったが?

それは自分たちがいい形でボールを持てなくなって。相手も前からきていたし、前半みたいに流動的に動けていたら、もっと展開は違ったんじゃないかなと思います。脇にいることで相手のシャドーやボランチにガッツリと前向きで、プレッシャーを受ける形になってしまったので。

前からくるのはわかっていたので、そこでうまくFWに当てるのが決まれば、逆にビッグチャンスを作る形になったんですが。前半の立ち上がりはそれでチャンスもありましたし。

Q 後半も何度かチャンスはあったが、前半からプレスをかけてスタミナが切れた時のプランニングをどうするか。

夏場なので、90分通してゲームを描きながら作ることが大事だと思います。もっといいポジショニングを取って、相手を走らせて、走らせてという形を。リードしていたので、その形を取ったり、ずっとプレスにいくんじゃなくてブロックを作ったり、逆にこっちがカウンターを狙う形にしてもよかったと思います。

Q 連戦のなかで手応えは?

2点は決まりましたし、チャンスも作れていたことはあったので、そこは次につながると思いますけど、それと並行して守備のリスクマネジメントの課題がまた出ていたので、それをうまく次のFC東京戦までに修正しないとダメだと思います。

Q ファーストステージ優勝はなくなったが、年間1位がまだある。

4連敗、5連敗は年間を狙う上で絶対にしてはいけないと思うので、なんとしても絶対に勝って、自力で優勝しないとダメなので、集中しないと。

Q 中2日でフル出場が続いているが、監督の信頼を感じる?

今日もチャンスはあったなかで決められない不甲斐なさがありますし、ミシャも絶対に落ち込んでいると思うので。ミシャを胴上げしたいとみんな思っているので、監督のためにも絶対に優勝したいし、ミシャの期待にももっと応えていかないといけない。

« 次の記事
前の記事 »