新婚・柏木陽介。喜びの声と今節・磐田戦に懸ける決意【2016浦和レッズ・大原レポート】

■「サッカーでもっと取り上げられるようにならないと」

 

3月3日、TBSアナウンサーの佐藤渚さんとの入籍を発表した柏木陽介が4日のトレーニング後に報道陣の取材に応じた。今回の大原レポートでは、柏木の喜びの声と週末のJ1リーグ・ファーストステージ第2節・ジュビロ磐田戦に向けての意気込みをお届けする。

 

■MF 10 柏木 陽介
——まずは入籍おめでとうございます。
「まだスタートなので、おめでとうは早いかなと。きちんと何かを達成しておめでとうなのかなと思う。すべてはこれからのオレ次第。サッカーを含めて生活を安定させたいし、これからきちんとしていけるようにしたい」

——あらためて身が引き締まる思いなのですね。
「まだ実感がわかないというか……。なんと表現していいか分からない。正直実感はない。サッカー以外の部分であまり取り上げられ過ぎるのも良くない。サッカーの部分でもっと取り上げられるようにならないと。(石川)遼(プロゴルファー)ともプライベートのことを取り上げられるのも好きではないという話をしていたところ。仕事を頑張って取り上げられるのはありがたいこと。あらためてサッカーでも頑張っていくということと、ブログでも書いたけど、『柏木家』になったので二人力を合わせて頑張っていきたい」

(残り 1990文字/全文: 2536文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »