仙蹴塵記

【練習場から】途中出場からエネルギーを加えた意識

ベガルタ仙台にとって明治安田J2リーグ第23節・岡山戦は悔いが残る結果となった。0-2の完敗ではあるが、全部の力を出し切って負けたのではなく、持てるものを出し切らないで負けた。特に前半のように、守備を意識するあまり消極的になってしまったことが響く結果となった。

相手もあることなので、長いシーズンの中では、どうしようもないくらい思い通りにいかない試合があってもおかしくない。というより、そのような試合は一度や二度ではない。大事なのは、さっぱりな内容でも踏ん張れるか、或いは盛り返すために何ができるかだ。岡山戦では、先発の選手も、#この瞬間から で取りあげたように話し合いながら役割や立ち位置を変えるなどもがいていた。また、途中出場の選手達は、それ以上にチームの選択肢を広げたり前への推進力を加えたりと奮闘した。

(残り 1312文字/全文: 1665文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

前の記事 »

ページ先頭へ