仙蹴塵記

【選手の声から】郷家友太選手「最後にやられてしまったことがすごく悔しい。このサッカーを続けて、次のみちのくダービーで、このこぼれた勝点2を拾いにいきたい」松下佳貴選手「ボールがきたときに自分の中ですごく冷静だったというか、あまり考えることなくシュートをうまく打てた」+松井蓮之、有田恵人

MF 11 郷家友太選手

「本当にどっちに転ぶかわからない試合で、最後にやられてしまったことがすごく悔しいし、監督も言っていたように、見ていた人たちに感動を届けることができたと思うので、このサッカーを続けて、次のみちのくダービーで、このこぼれた勝点2を拾いにいきたい」

(残り 1637文字/全文: 1768文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ