仙蹴塵記

【この瞬間から】明治安田J2第19節・甲府戦 18分

ベガルタ仙台にとってもどかしい引き分けだった。相手である甲府の前線が備える爆発力を考えれば、最少失点でおさえて、しかもアウェイでの引き分けは悪い結果ではない。ただし、林彰洋が「内容的には勝ちたかった試合」と振り返ったように、勝点1を3にするチャンスは少なくなかった。これは前半戦も終わる明治安田J2リーグで仙台が成長を続けている証とも言えるし、その過程にあるからこそ直面したミスが失点に繋がりかねないということでもある。

(残り 1462文字/全文: 1720文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ