仙蹴塵記

明治安田J2第19節 甲府戦・第一報 郷家友太の今季初ゴールで先制も、ミスから失点。勿体ない1-1の引き分け

2024シーズンの明治安田J2リーグは前半戦最後の第19節を迎えた。ベガルタ仙台は前節・いわき戦から2人の先発メンバーを変更。長澤和輝と相良竜之介が先発に復帰した。ゲームキャプテンは林彰洋が務めた。

コイントスの結果、前半の仙台は風上のエンドをとった。オナイウ情滋を先鋒にして右サイドから攻めるかたちが続く。12分には真瀬拓海が攻撃参加からCKを獲得。長澤和輝の右CKをニアサイドで髙田椋汰がすらし、小出悠太がシュートしたが、これは右に外れた。しばらく、5バック化した相手の守備陣形を攻めあぐねる時間が続いたものの、焦らずチャンスを探る。18分、菅田真啓からの縦パスが相手陣内の郷家友太にピタリと入ると攻撃がスピードアップ。右に展開し、オナイウがクロスを送ると、動き直した郷家がこれにゴール前で合わせて仕留めた。郷家の今季リーグ戦初ゴールで、仙台が1-0とした。

仙台は先制後、強力な前線の力を前面に押し出してくる甲府に攻めこまれた。23分、仙台はアダイウトンからスルーパスをピーター・ウタカに通されそうになるが、ここは髙田と林の連係で食い止めた。しかし30分、自陣右サイドでの横パスをアダイウトンに取られると、ここから独力でゴール前まで持ちこまれ失点を喫する。ミスと相手個人技で仙台は1-1に追いつかれてしまった。

32分、仙台は中島元彦が左サイドでボールを受け、ペナルティエリア近くでFKを獲得。中島は直接ここからゴールを狙ったが、惜しくも右に外した。仙台は相手の個人技以外に決定機らしい決定機を作らせなかっただけに、失点が悔やまれた。1-1で前半を終えた。

ハーフタイムでの選手交代はなし。仙台は郷家とオナイウのポジションを入れ替え、前節のようにオナイウがFWに上がった。54分、仙台は自陣左サイドでボールを失ってピンチに。しかし林ら守備陣が壁になって相手をブロックし、なんとか阻止した。56分には相手ロングスローから仙台左サイドにつながれ、シュートに持ちこまれたがこれは枠外だった。

59分、仙台は相良から名願斗哉に交代。61分に相手FKからの流れで左サイドで飯田貴敬にミドルシュートを打たれたが、これはクロスバーに助けられた。65分にはCKの流れから、髙田のクロスがゴールに向かったが、ポストに阻まれた。直後には左からのクロスに攻め残っていた菅田が合わせたが、シュートは左に外れた。

70分、仙台はオナイウから鎌田大夢に交代。77分には右に抜け出した松井のクロスから連続攻撃をしかけたが、甲府守備陣にブロックされた。80分、仙台は相手陣内左サイドでFKを獲得。中島が再びゴールを狙ったが、壁に跳ね返された。

84分には小出と中島を内田裕斗と中山仁斗に交代した。85分に相手CKからシュートに持ちこまれたが、これは林が冷静にセーブした。89分にはカウンターから大ピンチに。だがここでも林が立ちはだかった。90分、逆に仙台がチャンス。真瀬のクロスに名願が頭で合わせたが、これは枠を外れた。終盤に猛攻をかけた仙台だが、甲府の5バックを崩せず。1-1での引き分けに終わった。

円滑な攻撃で先制できたものの、ミスと相手個人技から失点。勿体ない前半を受けた後半の戦いについて、森山佳郎監督は「勇気を持ってボールを動かして主導権を握っていこうというところはできた部分と、そうはいいながらも、そのぶん相手にカウンターのチャンスを与えて、決定機もいくつか作られてしまったところは反省点」と、収穫と反省点の両方を指摘した。これでリーグ戦は対戦相手が一巡して前半戦を終了。監督は苦しい戦いも多かった中で勝点を積み重ねてきたことは評価する一方で「ここから先は成長力が問われる」と、まだまだこれから進歩を止めないことを誓った。

reported by 板垣晴朗

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ