仙蹴塵記

【選手の声から】中島元彦選手「勝てて良かったです。ホッとしています」長澤和輝選手「自分たちがボールを握ってゲームを作っていくところは前半から意識していました」小出悠太選手「前半で同点にして折り返せたことは大きかった」

FW 7 中島元彦選手

「勝てて良かったです。ホッとしています」

Q:中島選手は攻守ともよく走っていました。相手が監督交代直後で「強く当たってくる」と意識して臨んだ試合で心がけたことは?

「ベースとしてゴリさん(森山佳郎監督)のやりたいサッカーは攻守に渡ってアグレッシブにやるサッカーなので、まずはそのベースを崩さないように常に心がけていました。自分と(郷家)友太がしっかり攻守に渡って走ることで後ろも楽になりますし、それを見た後ろの選手たちもベンチにいた選手たちも、出たときにやってやらないといけないと思いますし、そういうことを自分は意識しながらプレスをかけ続けました」

(残り 1576文字/全文: 1857文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ