仙蹴塵記

【次戦への準備から】明治安田J2第11節・清水戦。激しいプレッシャーはどれほど自分達の時間につながるか

心身を休める時間は必要だが、それが終われば気を抜く時間は不要だ。成長過程にあるチームなら尚更のこと。ベガルタ仙台は明治安田J2第10節・山形戦でこれまでより充実した試合内容により勝利。みちのくダービーでの無失点勝ちは今後に向けて勢いをもたらすものとなりうるが、締めるべきところはしっかり締め、慢心を防ぐ必要がある。

(残り 1126文字/全文: 1283文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ