仙蹴塵記

【練習場から】辰年の決意(5) MF 27 オナイウ情滋

2024シーズンのベガルタ仙台には、辰年の年男が6人在籍する。年男を意識している者もいれば、意識していない者もいて、人それぞれ。しかし、今季にかける思いが強いところは同じ。2024シーズンの決意について、語ってもらった。

プロ2年目のオナイウ情滋はあまり年男ということは意識していないそうで、「まず自分にできるベストを尽くす」ことを昨季に続き念頭に置く。ただし「年男ということで何か運を持っているかもしれないから、積極的に足を振ってシュートをすれば相手に当たって入るかもしれない」とおどける。

(残り 1259文字/全文: 1504文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ