仙蹴塵記

【練習場から】辰年の決意(4) DF 2 髙田椋汰

2024シーズンのベガルタ仙台には、辰年の年男が6人在籍する。年男を意識している者もいれば、意識していない者もいて、人それぞれ。しかし、今季にかける思いが強いところは同じ。2024シーズンの決意について、語ってもらった。

「サイドバック(SB)で怖い選手になる」。それは今季からベガルタ仙台に加わった髙田椋汰が目指す選手像だ。

新天地で出会った森山佳郎監督から、チーム始動にあたり「去年のこのチームには怖さが足りなかった」という実情を聞き、その上で相手にとって怖い選手になることを求められているという。髙田はそのチームの一員となり、そしてそのチームが結果を出すために貢献するため、自身も個人として怖い選手になろうと心した。

(残り 1102文字/全文: 1411文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ