仙蹴塵記

【道中から】2023年の言葉から(9)

ベガルタ仙台にとって2023シーズンは試合結果・内容ともにとても苦しいものとなりました。しかし、どのようなシーズンであっても、そこにはプレーする選手、指導するコーチングスタッフなど、血の通った人々がいて、それぞれの立場で生きています。そしてどのシーズンでも、そうした人達が残した言葉があります。このコーナーでは、選手たちの言葉を通して2023シーズンを振り返ります。
中間地点にあたる第9回では、2023シーズンの指揮を執った伊藤彰・堀孝史両氏の言葉を取りあげます。(全17回予定)

(残り 1998文字/全文: 2238文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ