仙蹴塵記

明治安田生命J2第41節 長崎戦・第一報 加藤千尋の今季初ゴールで追いつくも、追加点を取れず終盤に失点。1-2で5試合ぶりに敗戦

ベガルタ仙台の明治安田生命J2第41節・長崎戦に臨む先発メンバーは、前節・山口戦と同じ。一方でベンチの控えメンバーには大きな変化があった。相良竜之介、工藤蒼生、菅原龍之助がベンチ入りした。工藤はリーグ戦で初めてのメンバー入り。ゲームキャプテンは小出悠太が務めた。

開始1分で左を、4分で右を突くなど、サイドから攻めこむ仙台。7分に郷家友太のクロスから山田寛人がヘディングシュートを打ったが、これは左に外れた。15分にはじっくり後ろからボールを繋ぎ、ミドルゾーンまで押し上げたところで菅田真啓が相手最終ラインの裏にロングフィード。しかし郷家に届く前に波多野豪にセーブされた。

さらに押しこみたいところだったが、17分、仙台は松澤海斗のドリブルに3人が引きつけられてしまい、逆サイドのフアンマ・デルガドをフリーにしてしまった。ここでフアンマに決められ、先制点を許す。

0-1とされた仙台は、20分に中島元彦が右に展開。小出が上げたクロスに郷家が合わせたが、このヘディングシュートは枠を外れた。23分には相手ペナルティーエリア付近でパスを繋ぎ、氣田亮真が中央に走りこんだがカットされ決定機に到らず。27分には秋山陽介の縦パスをゴール前で中島がダイレクトのシュートに持ちこんだが、波多野に止められた。

仙台はボールを保持して相手コートでの時間を増やすが、縦パスは打ち込めても最後のシュートが足りない。押しながら0-1で前半を終えることとなった。

ハーフタイムでの選手交代はなし。52分、仙台は右FKの流れから右CKを獲得した。氣田のショートCKを受けて中島がクロス。これに菅田が飛びこんで合わせたが、惜しくも左にそれた。その後、前半より攻撃の精度を欠き、相手のカウンターで押し戻される展開となる。

ここで60分、仙台ベンチは山田と鎌田に代えて菅原と加藤千尋を投入。するとその直後、61分に中島からの横パスを受けて加藤が左足で思い切ってシュート。これが見事決まって、加藤は嬉しい今季初ゴール。仙台が1-1に追いついた。

勢いづいた仙台は、65分に右サイドで繋いで郷家が左足でシュート。これは威力を欠いて枠を外れた。68分には中央でのミスから相手カウンターのピンチになったが、長澤和輝が素早く戻ってゴール前でカットした。

75分、仙台は2選手を交代。秋山と長澤に代わり、キム・テヒョンとエヴェルトンがピッチに入った。さらに81分には氣田から相良に交代した。この時間帯は長崎の猛攻を受ける展開になったが、仙台は林彰洋を中心に集中して守る。89分には左サイドで相良が深い位置までドリブルをしかけたが、これはゴールラインを割ってしまった。

アディショナルタイムも押される展開となると、90+1分、混戦からフアンマ・デルガドにヘディングシュートを許す。このボールがゴールラインを越えたと判定され、仙台は終盤に再び勝ち越しを許してしまった。
1-2とされた仙台は菅田を前線に上げてパワープレーをしかけたが、GK波多野豪の好セーブもあり得点できず。1-2でタイムアップを迎えた。

前半を押し気味に進め、後半も一時追いついたものの、終盤に押しきられての敗戦。堀孝史監督は、ボールを支配していた時間での攻撃のかたちに手応えを得た一方で「最後のところで相手のパワーとゴール前のところでの精度が上回った。(自分たちは)最後のところでもう少し何かアイディアを出さないといけない」と勝負を分けた課題を挙げた。

仙台は5試合ぶりに敗戦。次節のホーム最終戦で、勝利によってシーズンを締めくくりたい。

reported by 板垣晴朗

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ