仙蹴塵記

【練習場から】様々なポジションの経験を生かす工藤蒼生

この一か月間、工藤蒼生は練習や練習試合で様々なポジションでプレーしていた。この間のベガルタ仙台には、特に最終ラインでけが人が相次いで出た時期があった。これまでにも流れの中でセンターバック(CB)やサイドバック(SB)にスライドすることがあった工藤だったが、最近はその最終ラインで味方と連係することが多かった。

(残り 1131文字/全文: 1285文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ