仙蹴塵記

【選手の声から】氣田亮真選手「(PKの場面で)緊張はありましたが、またひとつやれたと思います」鎌田大夢選手「(今季2点目は)走ったらいいボールが来て、決められて良かった」+真瀬拓海選手

MF 18 氣田亮真選手

「まずは前節のように前から(プレッシャーに)いこうという話をしていましたが、前節よりも割り切ったプレーを相手がしてくると思っていて、厄介かなと思っていましたが、その心の準備もできていたので、ちょっと押しこまれる時間もありましたが予想どおりのゲーム展開になったかなと思います」

(残り 1538文字/全文: 1685文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ