仙蹴塵記

【練習場から】鎌田大夢の“連戦”とゲームコントロール

鎌田大夢は現在のベガルタ仙台のシステムにおいて、あるときは中盤の底にもう1人の選手と並び、あるときは2列目に出て、またあるときは後方に残ってアンカーを務める。攻守それぞれで、広い範囲をカバーすることも珍しくない。そうしたプレーの選択を通して、ゲームのコントロール役を担っているともいえる。

(残り 1062文字/全文: 1206文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ