仙蹴塵記

【選手の声から】 中島元彦選手「やはりダービーなので、しかも最高の応援の中で決めることができたので、自分自身もそうですし、チームメイトも多分喜びが爆発したのでは」氣田亮真選手「選手としては本当に気持ちのいいゴールだった」+真瀬拓海、内田裕斗

FW 7 中島元彦選手

Q:劇的な後半アディショナルタイムのゴールを振り返ると?
「その前に決定機を外してしまったので、自分の気持ち的にはちょっと『やばい』とずっと思っていたので、そこに真瀬(拓海)が3人くらいを抜いてチャンスを作ってくれたので、『これは決めなければあかん』と時間が止まっている感じだったので、コースに蹴りこんだら入ってくれたので良かったと思います」

Q:みちのくダービーで決勝点を決めた気持ちは?
「やはりダービーなので、しかも最高の応援の中で決めることができたので、自分自身もそうですし、チームメイトも多分喜びが爆発したのでは。多分全員がそう思っていると思います」

(残り 1191文字/全文: 1477文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ