仙蹴塵記

【選手の声から】 福森直也選手「明らかに自分の今日のプレーは、もっと落ち着いてできたはずと反省しています」松下佳貴選手「もう少し(ボランチの)自分たちがスライドしてサイドにいかせるようにすることが必要だった」

DF 3 福森直也選手

「自分のプレーは、大まかに言って、良くなかった。後ろの選手として、ビルドアップを落ち着かせること、ボールを前に運ぶところでチームにストレスをかけてはいけないのにそこで停滞してしまったのは、特に前半に責任を感じています。ビルドアップは前との関係性もありますが、明らかに自分の今日のプレーは、もっと落ち着いてできたはずと反省しています。そこを求められて入っている以上、それができず残念でした」

(残り 1251文字/全文: 1454文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ