仙蹴塵記

【ホームタウンから】遠藤康が第1回 YASU CAMPを開催。宮城の子供たちと笑顔に

12月3日、ユアテックスタジアム仙台で“第1回 YASU CAMP”が開催された。これはベガルタ仙台所属の遠藤康が、クラブの協力で開催したもの。遠藤は出身地のクラブである仙台へ今季に加わり、ホームゲームで宮城県の子供たちを招待する”YASUシート”を設立した。ホームゲーム計21試合で招待された子供たちとまたふれあう機会を作ろうと、遠藤が準備してきた企画だった。

当日は幼稚園児から高校生まで、約100人が参加。現役選手がこれまでの歩みや大切にしてきたことを語る“夢教室”と、サッカー教室の2部構成。小畑裕馬と、仙台のOBで現在はタイのバンコクFCでプレーする大久保剛志(※スケジュールの都合で夢教室のみ)の2選手も参加した。

(残り 2427文字/全文: 2737文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ