仙蹴塵記

【練習場から】佐藤瑶大が試合に出続けたから見えたもの。そしてこの時期に意識するもの

ベガルタ仙台は2022シーズン最終戦となった10月23日の明治安田生命J2第42節・秋田戦後も、来季を見据えたトレーニングを伊藤彰監督指揮下で続けている。今週はレアンドロ・デサバトのように契約満了を受けてチームを離れたり、体のメンテナンスのために無理をせず別メニューに取り組んだりする者もいて、先週よりは戦術練習に参加する選手は少なめ。だが、少しでも来季に繋がる個人・チーム両方のベースを作るため、選手たちはこの時期のトレーニングで鍛錬と発見の日を過ごしている。

(残り 940文字/全文: 1171文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ