仙蹴塵記

【次戦への準備から】明治安田生命J2第35節・大分戦。この状況で何が変わったか


ベガルタ仙台は、何かを変えなければ目標達成が困難になりかねない状況にあった。終盤戦のプレッシャー、けがや病気による選手の離脱、相手の研究などといった短期的な問題、試合運びやセットプレーの守備の原則などといった長期的に続いてきた問題……そうしたものの解決が及ばず、目下明治安田生命J2リーグ戦で4連敗。J2第30節・金沢戦を最後に、勝点55からの上積みができないままでいる。

そうした流れを受けての監督交代だった。伊藤彰新監督がこの短い準備期間で、まずは7日に紅白戦中心の練習を行ったことは #ニュースの現場から のコーナーで報じたとおり。4本のセットで、負傷によるコンディションがまだ回復しきっていない選手を除く全員が、様々な組み合わせでピッチに立った。

(残り 1069文字/全文: 1393文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ