仙蹴塵記

【練習場から】加藤千尋が見せた勢いと判断

13日の明治安田生命J2第31節・大宮戦で、ハーフタイムを0-3で迎えたベガルタ仙台。この惨憺たる状況を変えるために、仙台ベンチは後半開始から3選手を交代で投入して勢いをつけた。さすがに3点差は大きすぎて追いつけなかったものの、相手が守備を固めても2点を返すことはできた。

この勢いをチームに与えた一人が、加藤千尋だった。7月16日の第27節・岩手戦で先発して以来、4試合ぶりの出場。「流れを変えなければいけない」という使命感とともに、ピッチに入ったという。

(残り 1048文字/全文: 1276文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ