仙蹴塵記

【次戦への準備から】明治安田生命J2第28節・長崎戦。攻守の厚みを表現するのはどういう選手の組み合わせか

まずは、新型コロナウィルス感染症の影響で療養しているベガルタ仙台チーム関係者の回復を願いたい。
23日の明治安田生命J2第28節・長崎戦には、名倉巧が契約上出場できない状況も加わり、果たして選手・スタッフで誰のベンチ入りが可能なのかはわからない。だが、この状況下で最善の準備をして、チャンスをつかんだ者はチームコンセプトを実現する必要がある。
その点でいえば、前節・岩手戦で大勝した翌日の17日に、仙台ユース相手に練習試合をできたことは大きかった。途中加入の選手、あるいはけがから戻ってきた選手たちにとって、貴重な実戦の機会を経て、この長崎戦に臨むことができるからだ。

(残り 1086文字/全文: 1368文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ