仙蹴塵記

【ニュースの現場から】センターバックの層に厚みを。佐藤瑶大が育成型期限付き移籍で加入

明治安田生命J2第25節・甲府戦の翌日である7日、ベガルタ仙台は早速中三日で迎える第26節・琉球戦の準備に入っていた。けが人も多く、出られる選手全てがスタンバイする総力戦の様相を呈している。この日から、その選手たちに新顔が加わった。
練習を前に、クラブから佐藤瑶大のG大阪からの育成型期限付き移籍による加入が発表された。背番号は47。2021年のJデビュー以来、センターバック(CB)と右サイドバックでプレーしてきた選手である。

(残り 1051文字/全文: 1264文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ