犬の生活SUPER 西部謙司WEBマガジン POWERED BY EL GOLAZO

シュート以外は完璧【#明治安田生命J2リーグ】第11節 1●2 #ブラウブリッツ秋田|#ジェフユナイテッド千葉

●フィニッシュが残念

前半から主導権を握ってチャンスを作り、後半早々には秋田が退場者を出して10人。66分に田口泰士が決めて先制しましたが、90分とロスタイム97分に失点して逆転負けという結果になりました。

失点に関しては2ゴールとも見事なシュートでした。GK圍謙太朗のロングキックを使って陣地を取って攻める秋田の攻め込みを封じきれなかったところはあります。ただ敗因は2点目を決められなかったことでしょう。後半だけでも6つくらいチャンスがありましたからね。

あれだけ外してしまうと、よく言われる「罰せられる」という結果になりがちです。

ただ相手が10人になったとはいえ、多くのチャンスを作ることはできていました。田口の「見木ロール」も機能していたと思います。「自分たちのサッカー」はできていたので、とにかくフィニッシュが残念でした。

●機能していた品田、田口の役割分担

2024明治安田生命J2リーグ第11節 ジェフユナイテッド千葉フォーメーション

序盤は秋田のディフェンスラインの背後へロングボールを蹴っていました。「4-4-2」のコンパクトな形でプレスしてくる相手に対して、背後を狙っていくという意図ははっきり出ていました。

(残り 2206文字/全文: 2702文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ