犬の生活SUPER 西部謙司WEBマガジン POWERED BY EL GOLAZO

収穫は悪いなりに勝てたこと【#明治安田生命J2リーグ】第36節 2〇1 #いわてグルージャ盛岡|#ジェフユナイテッド千葉

2022明治安田生命J2リーグ第36節 2〇1 いわてグルージャ盛岡
https://jefunited.co.jp/top/matches/2022/0914/result/

●悪いなりに勝てたのが収穫

まあ、よく勝ってくれたというゲームでした。何本あったですかねセットプレー、そのことごとくが盛岡のチャンスになっていましたからね。中村 太亮は何か恨みでもあるんでしょうか(笑)。

それでも何とかしのいでいたことが勝利につながったと思います。正直、あまり出来のいい試合ではない中、勝てたということは大きかったのではないでしょうか。もうここまで来たら内容うんぬんではなく、とにかく勝ち続けることが全てですからね。

櫻川 ソロモンはプレーが正確になっていますし、高木 俊幸のクロスボールも可能性を感じます。田口 泰士はもちろん、見木 友哉も個の優位性がありました。しかし個々はそんなに悪くないのに全体的には押されていて危ない場面もあり、流れ的には負けそうというよく分からない試合でもありました。

●セットプレーをしのぐ

ダニエル アウベスが左ウイングバックで先発、髙橋 壱晟も戻ってきました。2分にCKの際にクリスティアーノのハンドがあってPKゲット。ラッキーではありましたが、櫻川が左上は決めて先制できました。あそこへ蹴ったら防ぎません。ただ、その後が良くなった。

(残り 1235文字/全文: 1801文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ