「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

山田雄士「自分が戻ってきてレイソルが変わったなと、チーム全体が自信を持ってプレーできるようにしたい」/YBCルヴァンカップ プレーオフラウンド第1戦 柏 vs 名古屋【試合終了後コメント】

○山田雄士

−久々の出場になりましたが、プレーした感覚はいかがでしたか?

「まだまだです、自分の中では。でも今日はあのきつい時間の中で、やめることなく最後までやり続けたのは自分の中でポジティブに捉えています」

 

−ここ数試合はチームの結果が出ていない状況でした。内容的にも簡単にロングボールを蹴ってしまう単調な展開が多かったです。今日の試合では、後半途中に山田選手と、サヴィオ選手が入ることでよりボールが循環し、押し込む時間が増えました。山田選手は引き出す動き、背後を狙う動き、そのメリハリを意識しましたか?

「そうですね、背後に蹴るだけだと、幅がないと相手も守りやすいかなと僕自身も思っていました。幅を持ちながら裏に入って行ってプレーするとか、SBとの距離とか、次のFWの動きを意識するとか、つながる、連動する部分を意識してプレーできたのかなと思います」

 

−後半に関しては、狙いどおりの展開を出せた感覚?

「出せたとは思うんですけど、クサビのパスを一本入れ込んでいけたら、相手も守りづらいと思うし、あとは背後の動きももう少しチーム全体で合わせた方が、相手も守りづらいと思います」

 

−先ほどまだまだと言っていましたが、今日プレーをしてみて個人的に上げなければいけない部分は?

「シンプルにボールタッチの部分とか、球際の部分、ちょっと戻るとか、ちょっと戻る部分も怠らずにやらないと、レベルの高い相手なのでそういうのが差に出て勝ち負けにつながってしまいます。それをもっとチーム全体でやっていかなければいけないと、僕自身は思います」

 

−現在はチームが苦しい状況です。このタイミングで帰ってきたからこそ、自分が流れを変えたいという思いもあるとは思いますが?

「まずはチームが勝つことを意識してプレーをし続けることと、大敗が続いたので、複数失点で点が取れないとか、そういうところも自分が戻ってきてレイソル変わったなと、サポーターから思われて、チーム全体が自信を持ってプレーができるようにしていきたいです」

 

−去年の夏、犬飼選手が入って、山田選手が戻ってきてからは、チーム状況が明らかに変わりました。今年はあれ以上の活躍を?

「そうですね、今年は勝ち切ることにしっかりフォーカスして、良くなっただけじゃダメなので、勝ちきってこそ修正できたということなので」

 

−1−1という結果について。

「追いついたことはポジティブだなと思うので、次の第2戦で、総力戦なので次はしっかり勝ち切るだけです。2試合で勝つというのがチームでの共有なので、下を向くことはない。次はしっかり勝ち切ります。アウェイゴールがあると、ゴール数によって試合展開も変わってきますけど、アウェイゴールがないので、シンプルに勝てばいいだけなので、勝ち切ります」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ