「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

高嶺朋樹「後半は自分たちの流れで、前半戦のようなゲームができていた」/YBCルヴァンカップ プレーオフラウンド第1戦 柏 vs 名古屋【試合終了後コメント】

○高嶺朋樹

−得点の前にも、今日はミドルシュートを何本か打っていました。積極的に狙っていこうという考えがあったのですか?

「いや、全然(笑)。目の前が空いていたから打っただけです。CKに関しては打つ以外に選択肢がなかったし、1本目は(川口)尚紀くんと(木下)康介さんがスルーの流れも自分のイメージどおりの流れだったので、シュート以外逆に見えていなかったです、ジエゴと(鵜木)郁哉がいたみたいでしたけど」

 

−試合全体については?

「前半は、相手はいつもやっているメンバーで、自分たちはいつもやっているメンバーではなく、即興のチームだったので、相手にボールを握られる時間が多かったですし、CBからのロングパスで相手にボールを渡してしまう展開が多かったんですけど、後半はそこを修正して、(立田)悠悟と野田ちゃんにも、もうちょいやり直してと伝えて、自分たちの時間を作った中でサイドからの流し込みとか、サイドチェンジからの流し込みを含めて自分たちの時間帯を作れたので、後半は自分たちにゲームができていたと思います」

 

−試合の入りは長いボールを入れてリスクを回避するという狙いを持っていますが、ここ数試合は長いボールだけの展開が多くなるという反省点がありました。

「ここ数試合はCBから走っているFWへロングパスを送って、SHやSBが止まっている場面が多くて、相手も読みやすかったでしょうし、後半はSBとSHにもうちょい裏を狙ってくれと伝えて、康介くんはサイドに流れるというよりはゴール前にいてほしい選手なので、郁哉、タク(島村)にもうちょい流れてと伝えてからは、自分たちの流れ、前半戦のような試合ができたんじゃないかと思います」

 

−途中からサヴィオ選手、山田選手が入ってきました。彼らもいろいろなポジションを取ってくれるので、そこでもボールが循環しやすくなりましたか?

「そうですね、サヴィオとヤマ(山田)は裏にも抜けてくれますし、足元でも受けられる選手で、時間が作れる。押し込んだ展開の中で裏に抜けたり、サヴィオがファウルをもらったり、後半に関しては良い流れになったと思います」

 

−先日の福岡戦で復帰を果たしましたが、スタメン出場は久しぶりになりました。自身のプレーについては?

「70分ぐらいですかね、その中で徐々にコンディションを上げていく形で、前半に関しては相手との接触はほぼなかったですし、多少なりとも自分の中で怖さはあったのかなと、感じてはいないですけど、後半になって接点のところで徐々にいけるようになり、ケガをする前のコンディションの感じ、雰囲気になってきました」

 

−球際の強さ、奪って前を向く場面、自分で運ぶ場面もあったので、良い感覚でプレーできている印象でした。それでもケガ前と比べると、もう少し上げなければいけない?

「守備のところはもうちょっとだと思うけど、攻撃の周りを見るところとかは変わっていない感覚が、去年と比べて良い感覚でプレーできています」

 

−1−1の引き分けという結果について。

「最低限、次フラットな状況で挑めるということで、引き分けたことで次に1点取れば勝ちですし、PKでも勝ちなので。チームでも前半の90分が終わっただけと話をしているので、3日間、良い準備をしたいと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ