「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

鵜木郁哉「(先制点は)良いポジションを取って、うまく反応できた」/YBCルヴァンカップ 1stラウンド 3回戦 柏 vs 福岡【試合終了後コメント】

○鵜木郁哉

−序盤に鵜木選手のポスト直撃のシュートがありました。あのシーンは得点にはなりませんでしたが、良い入りができたのではないかと思います。

「そうですね、良い入りができたと思います。シンプルに背後に蹴って、そのセカンドボールを拾うことを意識していましたし、ポストに当たったシーンもこぼれに一番早く反応できましたし、タクくん(島村)からのアシストをもらったときも、(山本)桜大がマイナスにいたので、自分は中に入って、股抜きのパスが通ってくるのを予測していました。それも良いポジションを取って、うまく反応できたと思います」

(残り 789文字/全文: 1049文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ