「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

戸嶋祥郎「自分が動いたところに犬飼さんが良いパスをくれた」/J1 第15節 柏 vs 札幌【試合終了後コメント】

○戸嶋祥郎

−先制点の場面を振り返って。

「細谷がフリックをして、自分が動いたところに犬飼さんが良いパスをくれました。狙ったからこそ、ああいう得点が生まれたと思います。ファーストボールに触れなくても、チャンスはできるというのはチームの経験値として重ねられたと思います。今日は僕でしたけど、違う選手が入り込んだり、ああいうプレーがあるというのを見せることができれば、相手も警戒してきて違うところが空いてきたりもするので、ゴールにつながったことがよかったです」

(残り 888文字/全文: 1114文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ