「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

鵜木郁哉「ジエゴはヘディングが強いので、振ったら入るようなボールを出そうと思った」/J1 第15節 柏 vs 札幌【試合終了後コメント】

○鵜木郁哉

−まずアシストの前に、得点シーンは鵜木選手の守備から始まりました。あの局面を振り返っていただけますか。

「ベンチで見ているときもセカンドボールや守備の強度は前半からやられていたところがあったので、自分が出たらしっかりやろうと思っていました。それがプレーに出たことは良かったと思います」

(残り 641文字/全文: 787文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ