「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

井原正巳監督「最後に劇的なゴールで勝てたことはチームにとって非常に大きい」/J1第15節 柏 vs 札幌【試合終了後コメント】

○井原正巳監督

「今日は札幌さんが相手ということで、ある程度ボールを握られたり、ピッチを広く使われる可能性があると思っていました。そういう中でしっかりとコンパクトに守備しながらということを意識しながらゲームに入りました。良い形で先制点を奪い、前半はカウンターのチャンスが何度も作れたと思うんですけど、仕留めることができずに、後半開始早々の失点はチームにとっても反省しなければいけないと思っています。後半は我慢する時間が非常に長く、その中で最後に劇的なゴールという形で勝てたことはチームにとって非常に大きいのかなと思っています。今までですと、後半我慢しながらなかなか勝ち切れることができないゲームが多かった中で、前節に引き続き今節も最後の時間でもう1点取って勝利できたことは、少しずつチームが力をつけてきた証拠なのかなと思っています。タイトなスケジュールで、選手も体が重い中、今日は全員がハードワークをしてくれたと思っています。この後も、タイトなスケジュールで、ルヴァンカップ、リーグ戦と続いていきますので、しっかりと準備をして臨んでいきたいと思います」

(残り 512文字/全文: 987文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ